YONOBI

広島のインテリア茶箱とカルトナージュ専門アトリエ AtelierCUBEのblog。日常の中にある美をもとめ、美しく住まうためのインテリアづくりを目指します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

花の宰相

牡丹は「花王」、芍薬は花の宰相「花相」とも呼ばれ、
平安時代以前芍薬は薬草として伝来し観賞用にもされてきました。
一重咲きや翁咲きなど、シンプルな花形で楚々としたものが多く「和芍薬」と呼ばれます。
西洋品種は「洋芍薬」と呼ばれ、手まり咲きや八重咲きなど華やかなのが特徴です。
和洋の美意識が窺がえますが、最近は新品種が多くなり違いもボーダレスになってきましたね。
先日の茶席のお床にもみごとな芍薬がありました。

芍薬01

この季節鉢植えを玄関先や庭先でよく見かけるので育ててみたのですが、
場所をとるので一鉢が限界ですね。。
一季咲きなのに灰色カビ病にかかり蕾のままお星さまになられた年も。。
そのがっかり度といったらこの上ないですが、こうして丸い蕾がぎゅっと固まって
少しづつ成長していく姿をみているといつ咲くのかな~と心待ちにする日々♪
遅まきながら10日前の写真です。 
幸せな時間の一枚を♪


新紫玉♪

ドラゴンボールならぬ新紫玉♪

白万重♪

芍薬の借景にも白万重♪

IMG_0038.jpg

エトワールバイオレット?♪
関連記事
スポンサーサイト






ブログランキングに参加しています♥
応援クリッック励みになります!
     ↓↓↓
広島ブログ

| ガーデン&フラワー | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliercube001.blog.fc2.com/tb.php/4-e4df7da9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


♥ アトリエキューブmail