YONOBI

広島のインテリア茶箱とカルトナージュ専門アトリエ AtelierCUBEのblog。日常の中にある美をもとめ、美しく住まうためのインテリアづくりを目指します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

現代着物用語 「クール」

友人にお茶箱を作ってあげると言っておきながら、
未だ作ってなくて。。
着物の残布、今日ようやくお茶箱サイズにカットしました💦


疋田染の橘(型友禅の摺疋田)
疋田染(ひったぞめ)とは疋田絞りではなく、絞りのように染めた技法。

IMG_2507.jpg

お茶箱届くのもう少し待っててくださいね♡

IMG_2505.jpg

お茶箱にする着物生地…
その着物コーディネートブログの続きを今日は書いてみます。


「 季節を楽しむ小紋 ~師走~ 」→


昔から染の着物には織の帯といいます。

IMG_9816.jpg

では染の着物に染の帯は?
はい。柔らかモノ同士のコーディネートもありです。

そして、「着物と帯の柄が同じ」 というコーディネートも昔からあります。

IMG_9806.jpg

コーディネートを載せたものの…

「着物と帯の柄が同じ」
そのコーディネート、最近あまり見かけないよね~
なんでだろう???
もやもや(*_*)

そこで着物友に尋ねてみました。


帰ってきた言葉は、
「ありだけど。クールじゃないから!」


昔だと、「いなせ」 「いき」 「シャレ」 に通じるのでしょうが、
着物のさじ加減も現代用語でいえば、「クール」


インテリアや作品話でクールだのエレガントだの、
人よりよーく使ってる私。
着物話で予想外のクール(笑)
その一言ですべて腑に落ちる^^




関連記事
スポンサーサイト






ブログランキングに参加しています♥
応援クリッック励みになります!
     ↓↓↓
広島ブログ

| 着物コーディネート | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


♥ アトリエキューブmail