YONOBI

広島のインテリア茶箱とカルトナージュ専門アトリエ AtelierCUBEのblog。日常の中にある美をもとめ、美しく住まうためのインテリアづくりを目指します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京都国立博物館

京都国立博物館(旧帝国京都博物館本館)は1895年(明治28年)竣工
現在は特別展の際使用される重要文化財
設計は迎賓館赤坂離宮(旧東宮御所)も手掛けた宮内省内匠寮技師の片山東熊

フランス17世紀のルーブル宮などの華麗なバロック様式を取入れながらも
けっして華美にならず日本的な感性で表現された建築




棟瓦と沢田石の柔らかな色彩と水平線を基調とした平明な構成は
東山の景観と美しく調和する。
(この日はあいにくの雨で綺麗に撮れず残念)


IMG_9218.jpg

玄関上にある三角形の破風
遠目からはギリシャ彫刻のようにも見えますが、
仏教世界の美術工芸神、毘首羯磨(びしゅかつま)と技芸天(ぎげいてん)です。

IMG_9217.jpg

毘首羯磨は細工物や建築の神
技芸天は技芸成就の神


京都博物館が美術工芸を担うことへの現れ
明治時代の日本建築にみる和洋折衷の面白さを感じます。

関連記事
スポンサーサイト






ブログランキングに参加しています♥
応援クリッック励みになります!
     ↓↓↓
広島ブログ

| 建物のある風景 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://ateliercube001.blog.fc2.com/tb.php/176-2f62e255

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


♥ アトリエキューブmail