YONOBI

広島のインテリア茶箱とカルトナージュ専門アトリエ AtelierCUBEのblog。日常の中にある美をもとめ、美しく住まうためのインテリアづくりを目指します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

風神雷神現る

京都国立博物館で開催中の琳派展
宗達、光琳、抱一の「風神雷神図屏風」を観てきました。
京都に全てが揃うのは75年ぶり約10日間だけです。
友人数人もこの間に観てたので待ち時間を尋ねると、20~40分待ちのよう。鳥獣戯画と比べると全然大丈夫だよ~なんて安心情報でしたが…いやはやとっても人が多かったです。
ようやく中に入っても人だかりの山で見えなくなっていたのが「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」 テレビ効果ってすごいですね。
でも光悦と宗達の二人がここまで呼応しあっていたとは私も知りませんでした。

IMG_9211

宗達の風神雷神は金色の天空にふわりと浮かび、神の世界を覗くようでした。
力を対峙しあう風神雷神は光琳。神が洒脱なまでの抱一。
この三枚を一同に見比べれるなんて。ああ、なんて幸せなんでしょう!

それから光琳の「八橋蒔絵螺鈿硯箱」蓋が閉まっていたので中をみることはできませんでした。その分回りをくるくるジロジロと^^

IMG_9316.jpg

光悦の「舟橋蒔絵硯箱」はあいにく展示期間が異なり…
また東京でのお愉しみができました。

会期は11月23日迄お近くの方は是非♪お勧めです。

関連記事
スポンサーサイト






ブログランキングに参加しています♥
応援クリッック励みになります!
     ↓↓↓
広島ブログ

| 日本の伝統文化・美術・芸能 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://ateliercube001.blog.fc2.com/tb.php/174-d9088aa2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


♥ アトリエキューブmail