YONOBI

広島のインテリア茶箱とカルトナージュ専門アトリエ AtelierCUBEのblog。日常の中にある美をもとめ、美しく住まうためのインテリアづくりを目指します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

季節を楽しむ小紋 ~弥生~

弥生三月は雛月です。三日は五節句の一つである雛祭が行われ、上巳の節句、桃の節句とも呼ばれます。
健康と厄除を願うことにはじまり、宮中や貴族の遊びや、川に流して厄を祓う流し雛という祭礼になりました。江戸以降は雛祭として女の子のすこやかなる幸せを祝う節句となりました。



それにちなみ五節句の帯をあわせてみました。
七草の籠は人日の節句(一月七日)
貝合わせの蛤は上巳の節句(三月三日)
兜と菖蒲と薬玉は端午の節句(五月五日)
梶の葉と糸巻は七夕の節句(七月七日)
菊花は重陽の節句(九月九日)

IMG_6448.jpg

着物は朱鷺色(ときいろ:鴇色 )、黄味を含んだ淡くやさしい桃色です。
名は鳥の朱鷺から。色無地を仕立てるのであれば若い方に合う色目です。
肌馴染みがよくて控えめなので、どんな帯を持ってきても上品な雰囲気にまとまりそうです。

縮緬地に春秋花の丸
IMG_6458.jpg

通年着れそうな小付の飛び柄は大寄せ茶会のお客としても活躍しました。
これからも長く楽しめるこんな控えめ小紋が一枚あると便利です。
関連記事
スポンサーサイト






ブログランキングに参加しています♥
応援クリッック励みになります!
     ↓↓↓
広島ブログ

| 着物コーディネート | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://ateliercube001.blog.fc2.com/tb.php/100-246845f9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


♥ アトリエキューブmail