YONOBI

広島のインテリア茶箱とカルトナージュ専門アトリエ AtelierCUBEのblog。日常の中にある美をもとめ、美しく住まうためのインテリアづくりを目指します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

季節を楽しむ小紋 ~葉月~

暑い日が続きますがお盆もすぎると少しづつ秋の気配になってきましたね。
御所解の小紋に菊繋ぎの帯の組み合わせです。
夏の着物なので涼やかに、帯も小物も色目を控えすっきりとさせてみました。

150616_1359~01

御所解(ごしょどき)は風景文様の一つで、江戸時代に貴族や上級武家の女性が着た小袖に用いられています。
たおやかな草花と一緒に滝や流水、檜扇に几帳や御所車、東屋など緻密な風景が絵画的に描かれた御所解には、源氏物語などの雅な王朝文化が秘められおり、江戸時代の高貴な女性の教養をうかがわせる文様です。
格式高く通年使える文様として現代の着物にも広く好まれています。



ブログランキングに参加しています♥
応援クリッック励みになります!
     ↓↓↓
広島ブログ

| 着物コーディネート | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

季節を楽しむ小紋 ~文月~

今夜は七夕ですがこちらは雨になってしまいました。文月はゆかたをあわせてみました。気軽に着れて家でも洗えるので、夏のおしゃれ着として是非楽しみたいですね。
浴衣(ゆかた)と呼ばれるようになったのは、入浴時に着た湯帷子(ゆかたびら)を次第に入浴後に着るようになったことから。

花火大会や夏祭りなどカジュアルな夏のお出かけに☆今はいろんな色のゆかたがあるので、選ぶ楽しみもいろいろありそうです。私も何枚か着ましたが、結局オーソドックスな紺や白に古典柄を染めたものが好みです。



長板中形で染めた竺仙の綿紅梅。格子状に太い糸で織られた生地は軽くてとにかく涼しい。長い間愛用しました♪

この時はお稽古の帰り。
長襦袢に紗献上の博多帯、足袋に草履。
着物と同じ着こなしです。

IMG_3021.jpg


20代の頃に買ったゆかたはピンクが効かせ色^^
半幅帯だし(笑)とっても懐かしい一枚です。

019 20150707



ブログランキングに参加しています♥
応援クリッック励みになります!
     ↓↓↓
広島ブログ

| 着物コーディネート | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

季節を楽しむ小紋 ~水無月~

水の恵みに感謝する水無月になりました。着物ではころもがえの季節です。六月と九月は透けない単衣、七月と八月は絽や紗などの薄物や麻になります。日本文化では季節の先取りをよしとしますが、気候も昔と違いきまりごとだけでは過ごしづらい時も。状況が許せればその日のお天気と相談して。五月の暑い日には単衣を着ています^^
夏単衣はだんだんと暑い夏へと向かうので、袷の帯から夏帯へと変化します。襦袢や小物(帯締め・帯揚げ)は帯に準じます。 

単衣に袷の帯。揚柳地に淡いぼかしの小紋は帯で雰囲気が変わります。櫛織の帯は軽くて見た目もさっぱりとし、今の時期にちょうどよいです。

IMG_8268.jpg

橋の図が水辺を連想させてくれます。
かきつばたや花菖蒲の着物があれば尚素敵ですが、
手持ちにないので色で表現してみました^^



単衣に夏帯。波頭を円形に配した波の丸文様と秋の芝草文様です。
控えめな色で暑い夏でも落ち着いて映り、年齢問わず愛用できそうです。

IMG_8182.jpg



少し前に揃えたのは絽綴れの八寸。夏帯をあまり持っていないので夏中ずっと締めれる帯にしました。また機会があれば季節感のある文様や素材の帯を揃えてみたいです。

20150603綴れ八寸

地色が濃く秋単衣にもあわせやすそうです。



ブログランキングに参加しています♥
応援クリッック励みになります!
     ↓↓↓
広島ブログ

| 着物コーディネート | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春の附下着物

附下と袋帯のコーディネートをしてみました。
クリーム系や黄色はパッと顔写りをよくしてくれます。人それぞれ似合う黄味は違うので、購入する際や染め替えの際はいろいろ顔にあてて選ぶとよいと思います。

花と流水がのびやかな手描き京友禅です。
色紙地紋は光沢のある綸子で、水ぬるむ頃のひいなや桜の季節が一番しっくりときてました。


上前にも柄がたっぷりあって年齢とともにハデになってきました。
もう着ることもないわと諦めもついたので、今日は思い切って鋏をいれましたよ(泣)
その前に最後の記念。春のコーディネートです♪

ミシンをサッとかけたいところですが、私にしては珍しく手縫いです(><)
実はずいぶん前にミシンが壊れて持ってないだけ(笑)
やっぱりミシンがあると便利よねと思うこの頃です。

何を作るかはまだナイショ(^^)
出来上がったらご紹介しますね~♪

IMG_7797.jpg

着物に馴染むように同系色の帯を選んでみました♪



☆後日着物を仕立て直した記事がこちら、追記します。
☆附下着物の茶箱→☆☆☆





ブログランキングに参加しています♥
応援クリッック励みになります!
     ↓↓↓
広島ブログ

| 着物コーディネート | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

季節を楽しむ小紋 ~皐月~

風薫る季節、五月五日は五節供の一つ端午の節供です。古来より男子の健やかなる成長を祈願をしました。現在は祝日にあわせて子供の日となりましたが、上巳の節句は女の子、端午の節句は男の子とそれぞれにたくさん願いを込めてお祝いしたいものです。



端午の節句にちなんで帯は威毛(おどしげ)、武将の甲冑文様です。
漆箔の地は光を吸い込んでしまうような落ち着きがあります。

着物は一見カラフルにみえますが、花や立涌文に青点描が縁どるように刷り込まれ色が重なって味わいを感じさせます。不思議としっとりとしてみえとても威毛の帯に合わせやすいです。

日差しが強い季節には、照りのあるこっくりしたものよりもやわらかい色目や柄の着物を手に取ることが多いです。今の時期に着る小紋はこの一枚だけです。次に袷の小紋を揃えるなら、無地場のあるグリーンやグレー系で5月と10月に着れることを視点に選んでみたいと思います。


和は引き算の美学ともいいますが、着物は取り合せの愉しみ。
柄on柄♪ 足し算する面白さがあります^^ 
モードだけではなく古典ちっくな小紋もいっぱい試して欲しいです!

IMG_7570.jpg

今回は帯締めも柄モノ~☆



ブログランキングに参加しています♥
応援クリッック励みになります!
     ↓↓↓
広島ブログ

| 着物コーディネート | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


♥ アトリエキューブmail